1日1クリックしていただけるとたすかります…にほんブログ村 FX >

2010年08月17日

メリットの多いシステムトレード♪

システムトレードというと、完全自動売買を連想する人が多いと

思いますが、まずはルール決めから始まると私は考えています。

定義としては「ルールを決めたらそれにしたがって機械的にトレード

すること」をいいます。

しかし、人間は感情に流されやすい生き物なので、自分で決めたルールで

あっても実際に損がでているとルールを破って損切り出来なかったり、

含み益が出てるとつい先走って決済してしまい利小損大になりがちです。

自分のトレード手法に自信がなければ、ルールを守っていても、不安で

仕方ないでしょう。

そこで、開発されたのが、コンピューターによる完全自動売買です。

最近では、海外で人気の自動売買や情報商材として購入できる自動

売買も増えてきました。

パソコンを起動させていなくてもトレードできる自動売買が可能な

時代になってきたのですが、何も考えずにシステムに資金を預けていては

さすがに知らない間になくなってしまっているでしょう。

私も、最近、デモ口座でシステムトレードがどのようなものか検証していま

ますが、ランキング上位のシステムを複数回した結果今のところ

20万からはじめて、28万になったあと、12万のドローダウンをくらい

16万になっています。

たとえば、これが、20万円でスタートした瞬間にー12万までいって

しまってはどうでしょうか?

まず、間違いなくここから利益を上げてくれるシステムだとしても、」

もういちどシステムがポジションを持ち含み損が膨らんだ時点で、

ロスカットされゲームオーバーです。

わたしが、デモトレードで学んだことは次の3つ

1、潜在する最大ドローダウンを考える

2、最大保有ポジションは10〜20万につき一つ

3、最大ドローダウンを更新したシステムは一度停止させる

ついつい、優秀なシステムをたくさん使えば、お互いが、リスクヘッジ

してくれると思いがちですが、ポジション数が4つあるシステムは

リスクも4倍なのです。

そのことを考えると、怖くて小額ではシステムを二つ稼動させることは

できません。

まずは、ライブ口座では、取引回数の少なめな最大ポジション1つの

システムから稼動させようと思います。

資金が20万増えるごとにポジションを一つ増やしていく。

完全自動売買といっても、そういったシステム運用する上でのアナログ

な作業は欠かせませんね。

最新情報はまぐまぐで!
メルマガ読者限定の情報を配信してます!
ブログではいえない現在使用中のトレードシステムなど
週刊で発行予定です!

http://archive.mag2.com/0001166234/index.html
←無料登録はこちらから♪

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
←人気のFXブログがたくさんあります♪

by Tweet Button


posted by まーくん at 22:11| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | FX入門!基礎知識♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/159762016

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。